news

わたなべちなつ(27日)

グラフィックデザイナー、造形作家、絵本作家として様々な顔を持つ、わたなべちなつさん。平面であるにも関わらず「しかけ」があることによって、立体的かつ空間的な感覚を得られる作品をつくりたい、と言うわたなべさん。その作品の表現は、小さなカードから、大きな屏風まで様々です。絵本の制作でも「しかけ」を使った作品を発表しています。代表作である『かがみのえほん』は、鏡状の紙を使った絵本です。ページを開くと合わせ鏡によって、本の中に空間が生まれ、描かれた絵が立体的に感じることができます。この本を手にして、驚きでハッと息を飲み、笑顔になったお子さんも多いのではないでしょうか。27日(土)は、筆者のわたなべちなつさんが会場に来てくれます。本とコーヒー tegamishaのブースにてサイン会を行ってくれますので、みなさま、どうぞお楽しみに!


【わたなべちなつさんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

「しかけを楽しむグラフィック」をテーマに、作品を制作しています。代表作は、『かがみのえほん』シリーズ(「ふしぎなにじ」「きょうのおやつは」「かがみのサーカス」/3冊ともに福音館書店より刊行)。手のひらサイズの絵本から大型の作品まで、こどももおとなも楽しめる作品を制作しています。


わたなべちなつ
http://chinatsu-web.com/

ほそいさつきの絵本とitotoの手しごと

ファッションデザイナーとしてアパレルメーカーに勤務したのち、公共施設や店舗を飾るオブジェやタペストリーの制作を経て絵本作家になった、ほそいさつきさん。現在は絵本の制作のほか、お絵かきや工作、ごっこ遊びなど、絵本に関連したワークショップを行っています。ほそいさんの代表作『ごっこやさん』は、女の子“もなちゃん”と、柴犬の“しばたくん”が『ごっこあそび』をする物語。会場では、絵本にも登場したアイス屋さんごっこができるカップアイス作りと、ごっこ遊びをすることができる、マスコット作りのワークショップも開催してくれるとのこと。作品を作った後は、みんな一緒に「ごっこあそび」をしてみましょう! また、絵本『ゴマとキナコのおいもほり』の読み聞かせも開催予定です。ほそいさんご本人が絵本の世界へ案内してくれますよ!



『ごっこやさん』より、アイスクリーム屋さんごっこのワンシーン


今回は『ゴマとキナコのおいもほり』のエプロンシアターを行います。


itotoが手掛けた、“もなちゃん”と“しばたくん”もブースで待っています。

【ほそいさつきの絵本とitotoの手しごとさんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

絵本作家ほそいさつきとitotoは美大時代からのお友達。ほそいさつきの絵本とitotoの作品の販売のほか、ブース横のスペースではふたつのワークショップを行います。ひとつめは工作です。絵本にもっと親しんでもらいたいと、絵本「ごっこやさん」に出てくるカップアイスとネコやウサギのぷくぷくマスコットを作ります。はさみも使わず安全で簡単な工作ですので小さいお子様も参加できます。ふたつめは「ゴマとキナコのおいもほり」の読み聞かせをitotoがエプロンシアター*にアレンジします。どうぞ親子で遊びにきてください!
*エプロンを舞台にした人形劇

 

 


◇ワークショップ

「ほそいさつきの絵本『ごっこやさん』にでてくるカップアイスとぷくぷくマスコットをつくろう!」


カップアイスと、ネコやウサギのぷくぷくマスコットを作ります。材料はおりがみやビニール袋、手芸用の綿などです。ハサミやのりを使わずとても簡単な工作ですので小さいお子様でも参加できます。そして作ったあとはカップアイスとぷくぷくマスコットでごっこ遊びが楽しめます。参加者には、ほそいさつきのイラストカードのお土産も付きますよ。

【ほそいさつきの絵本「ごっこやさん」にでてくるカップアイスとぷくぷくマスコットをつくろう!】
開催日時:4月27日(土)11:00〜15:30 ・ 28日(日)10:30〜15:00
対象年齢:なし※小さいお子さまには保護者の補助をお願いします。
所要時間:30分程度
参加費:400円(税込)
参加方法:当日、ブースにて受付
定員:10名 ※1回あたり
持ち物:特になし
注意事項:混雑具合によってお待ちいただくことがございます。材料がなくなり次第、予定よりも早く終了場合がございます。

『ゴマとキナコのおいもほり』読み聞かせ(エプロンシアター)


ほそいさつきの絵本「ゴマとキナコのおいもほり」の読み聞かせ。お話に合わせてitotoがエプロンシアターにアレンジします。ドキドキ続きのお話もエプロンシアターでさらにドキドキするかも?

開催日時:4月27日(土)15:30〜 ・ 28日(日)15:00〜
対象年齢:なし※小さいお子さまには保護者の補助をお願いします。
所要時間:20分程度
参加費:無料
参加方法:開催時間にブースにお集まりください
定員:10名
持ち物:特になし
注意事項:シートに座れない場合は立ってご覧頂くことができます。

ほそいさつきの絵本とitotoの手しごと
https://www.asim-hosoi.com

柴田ケイコの絵本

めがねをかけたねこ、食べ物に潜むしろくま、ふわふわな毛並みで愛されるポメラニアン。イラストレーター・柴田ケイコさんが手がける絵本には、個性たっぷりの動物たちが登場します。今回イベントでは、なんと『めがねこ』の続編となる新作、『めがねこのぼうけん』がお披露目となりますよ! 1冊目で、ねずみの3兄弟の希望に応えてめがねを作っためがねこが、今度は冒険に出ます。イベント当日は会場に「めがねこ」本人もやって来るかも!? ブースでは、柴田さんがこれまで制作した絵本に加えて、オリジナルグッズの販売もしてくれますよ。さらには、絵本をお買い上げの方にはサインも書いてくれるとのこと! 柴田さんに直接会える貴重な機会です。ぜひ、会場にいらしてくださいね。


【柴田ケイコさんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

高知県在住のイラストレーター・絵本制作をしています。今回このイベントでは「めがねこ」の続編、新作「めがねこのぼうけん」の絵本を中心に今まで出版した絵本の販売、めがねこ雑貨の販売、その他イラストの雑貨をいたします。絵本をお買い上げの方は似顔絵サインをいたします。ぜひお越しください。

めがねこもブースに遊びに来てくれるかも!

似顔絵付きサイン会は終日開催! ペットでもOK(写真をお持ちください)。

◇商品ギャラリー


柴田ケイコの絵本
高知市在住
http://shibata-illust.shop-pro.jp
Instagram:keikoshibataillust

福田利之

今回のイベント『手紙社の「こどもの日」』のメインビジュアルも手がけてくれた、イラストレーター・福田利之さん。装画や雑誌の挿絵、絵本、ポスターをはじめ、文房具、食器、コーヒーのラベルやお菓子のパッケージ、ブランドのロゴなど幅広く活躍されているので、その作品を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。ノスタルジックな愛らしさを持ちながらも、どこか色気や、淋しさ、そして時に、どきっとさせられる特有の“毒”を含んだ福田さんのイラストは、心の琴線に触れる力を持っています。27日(土)はステージにて、出版されたばかりの絵本『ねずみのシーモア』の読み聞かせと、サイン会も開催予定です。そして28日(日)は福田さんと一緒にオリジナルのバッグを作るワークショップも行ってくれますよ。福田さんと直接お話しできる機会を楽しみに、会場へお越しくださいね。


【福田利之さんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

手紙社さん初めてのイベント「こどもの日」開催おめでとうございます。今回27日には、4月にあかね書房さんから出版された絵本「ねずみのシーモア」の『読み聞かせ音遊び』を舞台で、ミュージシャンの良原りえさん、人形操演の山田はるかさんとさせていただきます。28日にはオリジナルスタンプとマジックペン、十布のバッグをつかったワークショップを開催します。少人数で回数を分けてやりますので、ゆっくりと自分だけのオリジナルバッグを作ったり、コラボレーションしたりして楽しみましょう。


◇ワークショップ

「ハンコとマジックでオリジナルバッグを作ろう」

福田デザインのハンコとマジックでオリジナルのバッグを作ります。一人で作ってもいいし、一緒にコラボレーションして世界に一つだけのバッグを作ります。バッグは十布ものを使用します。
http://tenp10.com/productcat/tote/

【ハンコとマジックでオリジナルバッグを作ろう】
開催日時:28日(日)10:30〜/11:00〜/11:30〜/13:00〜/13:30〜/14:00〜/14:30〜/15:00〜/15:30〜/16:00〜
対象年齢:ハンコが自分で押せる子ども、保護者や、お手伝いできる場合は何歳でも大丈夫です。
所要時間:約20分
参加費:2,500円(税込)
参加方法:当日開場後にブースで時間指定の整理券配布
お申し込みはこちらから ※3月27日(水)正午12:00受付開始予定
定員:5組(親子で1組。大人のみのご参加の場合は1名で1組とします。)※1回あたり
持ち物:なし
注意事項:汚れる可能性もありますのでお気をつけください。

福田利之
https://to-fukuda.com/

miyauni (みやうに)

ハッと目を引くような鮮やかな色づかい、ちぎり絵ならではの素朴な輪郭、絵本作家miyauni(みやうに)の作品は、見る人を優しくハッピーな気持ちにさせてくれます。テキスタイルやショーウィンドウの装飾など、様々なデザインの仕事を経て、2016年「Moon Cheese」がイタリアボローニャ国際絵本原画展に入選。その後、両手でページを前後にパタパタと動かして楽しむ「ぱたぱた絵本」や、付属のルーペで見本と同じ柄のカメレオンを探す「Cherche et trouve le caméléon」を出版しています。絵本の制作では、言葉のいらない、国境を超えて楽しめる作品を目指しているのだそう。今回のブースでは、親子で楽しめるちぎり絵のワークショップを開催! さらに、このイベントのために制作してくれた、大きなダンボールアートも登場。親子で楽しめるmiyauniのブースへ、遊びに来てくださいね。


【miyauni (みやうに) 大藤めぐみ・鈴木雄大さんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

こんにちは。夫婦作家のmiyauni(みやうに)です。「みや」は ミャー と猫の鳴き声。「うに」はフィンランド語で夢という意味です。2匹の猫(キートス&シェシェ)と、心がワクワクする感覚を大切に日々制作しています。

◇商品ギャラリー


◇ワークショップ

「親子でちぎって作るおててちょうちょアート」

手すき和紙を使ってクレヨンで手形を描き、その線に沿ってちぎります。ちぎった和紙を重ねて、細かくちぎった和紙で飾り付けをします。台紙にちょうちょの形に貼り付け、出来上がりです。手形として成長の記録を残しながら、親子(兄弟姉妹でも可)で一つの作品を作ります。

【親子でちぎって作るおててちょうちょアート】
開催日時:27日(土)、28日(日)共に随時先着順
対象年齢:なし
所要時間:30分
参加費:1000円(税込)
参加方法:当日ブースにて受付
定員:10組 ※1回あたり
持ち物:なし

miyauni (みやうに)
miyauni.com

はらぺこめがね


原田しんやさん、関かおりさんによる、夫婦イラストユニット・はらぺこめがね。食べることが大好きな2人は「食べ物と人」をテーマに、絵本や挿絵の制作しています。ひとたび2人の手がけた、はらぺこ印の絵本のページをめくれば、ずみずしく弾けそうな果物や、しっとり艷やかなお肉、焼き色の綺麗な豆腐にツヤツヤの卵、これまでに見たことのない食べ物の世界が広がっています。ときに本物よりも本物らしいその姿、絵本を前に思わずぐぅっとお腹がなってしまうかもしれません。「おいしいものはうつくしく、人と人をつなぎあわせる力があると信じている」というお2人。今回ブースでは、「はらぺこペーパー」を材料にお弁当作りができるワークショップを開催してくれますよ。会場にお越しのはらぺこさん、みんな集まれー!


【はらぺこめがね・関かおりさんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

夫婦で一枚の絵を描いております。原田しんやは「食べ物」、関かおりは「色や人」を担当して二人で力を合わせて制作します。最近は絵本をたくさん作っております。今年は4冊出版される予定です。「食べること」と、「絵を描くこと」を同じように大切にしていると、人とのつながりが広がっていくと感じてがんばっております。


◇ワークショップ

「おべんと おべんと うれしいな」

“誰でもおいしいごはんが作れる”という魔法の紙「はらぺこペーパー」を使った、火や包丁を使わずにお弁当作りを楽しむワークショップです。ビリビリちぎって、ペタペタ貼って、みんなで楽しく料理をしよう。

はらぺこペーパー:様々な色で塗りつぶされたカラフルな表面。ここからお弁当のおかずが生まれます。

はらぺこペーパー:白米がびっしり描かれた裏面。おにぎりにしようか、お寿司にしようか、悩んでくださいね。

はらぺこペーパー:表と裏を思いっきり使ってお弁当を作りましょう。

うれしいたのしいお弁当の時間が待っています。

【おべんと おべんと うれしいな】
開催日時:27日(土)、28日(日)10:00〜18:00
対象年齢:紙がちぎれて糊が使えればOK。大人も可。
所要時間:30分程
参加費:500円(税込)
参加方法:当日ブースにて受付
定員:スペースに空きがある限り受付。
持ち物:なし
注意事項:糊を使用するので手や服が汚れる可能性があります。

 

はらぺこめがね
harapekomegane.com
クレジットカードの使用:不可