ANIMATION THEATER

黒い紙で作られた、大きな輪。内側には似たようなイラストが並んでいて、よく見ると、側面に隙間が空いています。くるくる回して覗いてみると、あら不思議! 絵が動いて見えます。これは、アナログのアニメーションであるゾートロープ。「東京蚤の市」でも大人気のアニメーション作家・つぼいたけしさんが、ゾートロープをはじめとする「視角玩具」を携え『手紙社の「こどもの日」』に登場です! 今回は「くらやみの館」で、2日限りの「ANIMATION THEATER」をオープン。テントの中で、つぼいさんの作品を楽しむことができます。「視角玩具」を作るワークショップも開催! 驚きと発見の世界に触れてみませんか?


【ANIMATION THEATER 坪井健さんに聞きました】

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

19世紀に発明されたいろいろな形のアニメーションおもちゃ「視覚玩具」を作っています。くるくる回し魔法をかけて、不思議なアニメーションの世界へみなさんをお連れします。

◇商品ギャラリー


◇ワークショップ

「作ってあそぼう!アニメーションおもちゃ」

アニメーションおもちゃ「ソーマトロープ」「驚き盤」「ゾートロープ」作り。好きなおもちゃの種類を選び、絵を描き足したり色ぬりして、自分だけのアニメーションを作れます。

【作ってあそぼう!アニメーションおもちゃ】
開催日時:27日(土)、28日(日)共に、席が空いていればいつでも参加可能
対象年齢:お絵描き、色ぬりできる年齢であれば何歳でもOK
所要時間:1時間
参加費:ソーマトロープ 500円(税込)/驚き盤、ゾートロープ 1000円(税込)
参加方法:当日受付
定員:3人 ※1回あたり
持ち物:なし
注意事項:回してあそぶ時、顔を近づけすぎないように注意

ANIMATION THEATER
http://www.hilameki.com