ロバの音楽座 
28日(日)14:00〜14:50

創作音楽集団「ロバの音楽座」は、ヨーロッパの中世・ルネサンス時代の古楽器とオリジナルの空想楽器を使って、子どもたちに音楽の夢を届けるために演奏を続けています。各国を旅し、音色や演奏法を研究して奏でられるパフォーマンスは、歌あり、踊りあり、仮面劇ありの、初めて聞き、初めて目にするものばかり。冒険心をくすぐるファンタジックな音楽に出会えば、きっと誰もが夢中になってしまうことでしょう! 今回は、音楽座のリーダー・松本雅隆さんを父に持つ松本野々歩さんとコラボレーションした楽曲を披露してくださいます。武蔵野の森からやってきた愉快な5人組の演奏を、ぜひ家族みんなでお楽しみくださいね。

◇ご来場いただくみなさまに向けてメッセージをお願いします

こころもからだもニコニコする音楽を演奏します。
ロバはヨーロッパ中世・ルネサンス時代の古楽器を使って演奏します。古楽器? ブレーメンの音楽隊やハーメルンの笛吹きの時代の楽器。まさに絵本の中から飛び出したような楽器たちです。

ロバはいつも夢を見ています。絵本のような音楽が出来たらいいナー。
こどもたちがキラキラ光り出すような音楽が出来たらいいナーと。

ロバは37年くらい前から全国の子どもたちに音楽の夢を届けています。
噂ではロバの音楽を聴いた夜はステキな夢を見るそうです。

ロバのみんなは絵本が大好きだから
演奏は40分くらいにしていろんな絵本を眺めていると思います。

ロバの見どころ聴きどころは、古楽器と空想楽器。
古いと新しいが魅力です。音の絵本の世界をお楽しみ下さい。今回は、松本野々歩も一緒に演奏しますよ。

ロバの音楽座

1973年 松本雅隆により中世・ルネサンス音楽を演奏する「カテリーナ古楽合奏団」結成。
1982年 子どもたちに音楽の夢を運ぶべく「ロバの音楽座」結成。ロバの音楽座は古楽器や空想楽器などにより、ファンタジックな音と遊びの世界を繰り広げている。
1988年 「愉快なコンサート」が厚生省中央児童福祉審議会の特別推薦文化財作品に選ばれる。
1998年 「ジグの空想音楽会」が東京都優秀児童演劇選定優秀賞受賞。
2004年よりNHK教育ショートアニメ「パンツぱんくろう」「からだであそぼ」などの音楽を担当。
2009年 第3回キッズデザイン賞・創造教育デザイン部門において金賞〈経済産業大臣賞〉を受賞。
2011年 「らくがきブビビのコンサート」
2016年 「森のオト」が厚生労働省社会保障審議会特別推薦文化財作品に選ばれる。
2015年よりNHK Eテレ「いないいないばぁっ」のうーたん人形劇場の音楽を担当。

http://www.roba-house.com

松本野々歩

父は、カテリーナ古楽合奏団・ロバの音楽座のリーダー・松本雅隆。
ロバハウスで音楽と古楽器に囲まれて育つ。田中馨と共に、世界のわらべうたを歌いあそぶユニット「チリンとドロン」や、子どもと大人と一緒になってあそびを考える「ロバート・バーロー」として活動中。アコースティックバンド「ショピン」のボーカルもつとめる。CMソングなどやコーラスなのの音楽活動の他、生まれ育ったロバハウスでイベント企画や、結婚式のプロデュースなどもしている。
Instagram:nonohoms